レーザー脱毛の身体への影響

身体への悪影響は?

レーザーという技術については、詳しい方はそうそういらっしゃらないと思います。私も特に詳しいわけではありませんが、レーザー脱毛のレーザーというのはどういったもので、体に悪影響などはないのか、気になりますね。

たとえば、レーザー光が直接目に入ると失明の恐れがあるという話しなどを聞くと、脱毛は安全なのか疑問に思えてきます。

レーザーの種類

まず、レーザーにも色々ありますが、医療用レーザー以外に工業用レーザーというものがあります。

医療用レーザーの脱毛用に開発されたものについては以前取り上げたのですが、いずれも医療技術として使われるため、厳しい審査基準を設けられ、それをクリアしたものが実際に施術に使われるわけです。

そしてそれを医師の管理の下で使用するわけですから危険なものではありません。

脱毛用レーザーは更に、皮膚表面から3~4ミリの深さまでしか達しないので、もっと体の深い部分つまり内臓などを傷つけられるということはありえません。

もしなんらかのトラブルが発生するとすれば、皮膚の表面の炎症、火傷、色素沈着などでしょう。それも、技術ある医師の下で施術を受ければそのようなリスクも避けられます。

クリニック選びは重要

エステサロンと異なって、レーザー脱毛は医療機関で行われるものですから、もし万が一炎症などの肌トラブルに発展してもそのまま治療を受けられるので安心です。

その分、病院・クリニック選びには慎重になることも大切でしょう。

事前にどういったレーザー機器が導入されている病院なのかや、症例数、クチコミ、料金等様々な事前の情報収集をした上で病院を選ぶことで、より安心して施術を受けられるというものです。